読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜蜂と遠雷 〜感想〜

蜜蜂と遠雷を読みました。

この本はたしか、どこかで「他の作家が嫉妬する」や「音楽を文章でこんなにも表現できるとは!?」みたいな折込文句を見かけて購入したのですが、折込文句通りでした。読み終えて心地よい感動に包まれております。

面白いのは、音楽家たちのコンサートという短い時間での出来事を取り扱っているのに、ものすごく広い世界が広がっていることです。それぞれが演奏で表現したい世界、登場人物である亜夜の気持ちの移り変わり、権威側になった審査員たちの揺れ、そしてコンサート後の未来。これらがつぶさに表現されることで、ものすごく明度の高い世界が作り上げられてます。あまりにも鮮明に表現されるので、ほかの漫画シーンが頭のなかに浮かんできて、ここはこんな感じだな、これが漫画化されたらこんな感じかなとも楽しめました。勝手な妄想ですが、風間塵は「ボールルームへようこそ」に出てくるたたら、栄伝亜夜は「王様達のバイキング」にでてくるValkyrja、マサルはこれまた「ボールルームへようこそ」の仙石さんのビジュアルイメージです。まるで、音楽の歴史とこれからの未来を、精工な箱庭に落とし込んだような小説でした。

僕が好きなシーンは、社会人としてコンサートに出場した高島明石の第2次予選です。凡人を自称する彼の音楽家としての第一歩にあたるここのシーンは鳥肌がたちました。また、彼の「何かが上達する時というのは、階段状だ。」というセリフにも、こういう風に捉えればいいのかと感心しました。

何かが上達する時というのは、階段状だ。緩やかに坂を登るように上達する、というのはあり得ない。 弾けども弾けども足踏みばかりで、ちっとも前に進まない時がある。これがもう限界なのかと絶望する時間がいつ果てるともなく続く。 しかし、ある日突然、次の段階に上がる瞬間がやってくる。

また、亜夜、塵、マサル、奏が4人で外出してるシーンでは、天才でもウィンドーショッピングするよねと親しみを感じました。まとめると、ものすごく引き込まれる小説です。天才たちの共鳴、ピアニストが見せる世界、そして散りばめられる未来の断片。没入感間違いなしです。ぜひ読んでみてください。蜜蜂と遠雷を読んで、ここまでの情景を見せるクラシック音楽に興味が湧いてきました。クラシック音楽はイマイチ鑑賞できませんでしたが、NAXOS Japanから蜜蜂と遠雷に登場する楽曲を収めたアルバムがでるので、購入して勉強してみたいと思います。

箱庭のような世界だと僕は感じましたが、読んだ方はその感想を知りたいので気軽にコメントしてください〜。ではでは

予算10万円でデスク周りを整える 〜その1〜

自分のデスク周りを整えたいなと思い、モニターを買ったりしてました。 適当に予算は10万円を設定しています。10万円で以下のことをしたいと思ってます。

  • 2つ目のモニターを用意する。
  • 今使ってるMacbook ProをSSDにする。
  • ワイヤレスでキーボード、マウスを用意する。
  • 外出用のMacBook Airを買う

これ全部するのに10万円はどうなんですかね。適当に設定した上に相場観がないので判断できません。

今はこんな感じです。 f:id:ilovehugeworld:20170408192358j:plain

1つ目と3つ目がクリアできてます。モニターは中古で買いました。液晶にこだわる方はこんなモニター耐えられないかもしれませんが、そこまで気にしないので中古で十分です。

やっぱり2つ目のモニターがあるのは断然違います。何がいいのかというと、効率性が上がるのと下を見なくてすみます。単純に使えるスペースが2倍なので、効率性が増します。また、ラップトップの場合机に置くと見下ろしますが、モニターの位置を上にすることでそれをさけることができます。やっぱりモニター2つあるの最高です。

スタンドはGhostStand for MacBookを使ってます。隣にあった高さを変えられるスタンドは$70だったのですが、とりあえずこれを試してみることにしました。いい感じの高さになり気に入ってます。ひとつ誤算があったのは、スクリーンへの距離が伸びたので解像度を落とさないと行けなかったことと、付属のキーボードの分だけ手前にせり出すので、思ったより遠くへ置かないと手元にスペースが余らないところです。値段もお手頃で気に入りました。

キーボードはSculpt Ergonomic Desktopを買いました。マイクロソフトが出してる打ちやすさちと、疲れにくさを追求するキーボードです。Macには対応してないので、この記事をよんでキーを再マップしました。 f:id:ilovehugeworld:20170408190640j:plain

パッケージの写真のようにキーボードの中心が盛り上がってるのが特徴です。この記事もこのキーボードで書いているのですが正直書きづらいです。。特にBとYを打つときに、あ、こっちの指じゃないとなります。加えて、Mac以外のキーボードを使うときの回路がアタナの中に出来ているらしく、キーの配置を変えても、やたら左下のCtrlキーにいってしまいます。あと、矢印の位置も戸惑います。

電池もマウスもついてくるオトクなパックなのですが、マウスもいろいろ設定できなくてストレスフルです。Magic MouseをBetterTouchToolを使っていろいろ設定しているのですが、スクロールの挙動も慣れないしBetterTouchToolの設定は無効で悲しいです。

一目惚れで一度は買わずに店を後にしたのですが、どうしても気になり買ってしまいました。 これに慣れると他のキーボードが使えなくなりそうなので、おとなしくMagic MouseとMagic Keyboardを買いたいと思います。

このような衝動買いができるのもアメリカでは開封済みでも返品が出来るからです。今回のErgonomic keyboardに関しては購入してから15日以内だったら返品できると確認済みです。なので15日間過ぎるまでにマウスとキーボードを用意して、返品してこようと思います。

値段は

  • モニター: $30
  • キーボード: $120
  • スタンド: $25

でした。

残りはSSDインストールと、外出用のMacですね。SSDは自分で購入してインストールを業者にやってもらうか、SSD購入も含めて業者に依頼するかを考えてます。値段を調べて決める予定です。 外出用のPCに関してはWindowsやクロームブックも考えたのですが、家の環境と外で使う環境が違うことで、余計な手間をかけたくないのでMacにしました。こちらも中古で2015年位のモデルを考えてます。とにかく軽くしたいのでAirやMacbookを考えてます。

とりあえず、こんな感じです。またその2を投稿します。

Ultra Music Festivalにいってきた

Ultra Music Festivalにいってきました。

EDMはBGMで流すくらいですが、楽しかったです。金曜日は友達の都合で行けず、土日に参加しました。天気もよく半袖半ズボンで十分な、いつも通りのフロリダの天気でした。 リズムが耳だけでなく、体に響くように感じられる体験は強烈でした。 写真で振り返ろうと思います。

午前中のマイアミ。右に写ってるおじさんは多分ラリってました。英語でもスペイン語でもない言葉を話しており、口を開けると金歯や銀歯がみえました。 f:id:ilovehugeworld:20170325111100j:plain

最終日の午前のステージ。最終日はA stage of TranceというEDMの中でもトランス系のジャンルの人が揃っていたようです。 f:id:ilovehugeworld:20170326155923j:plain

6時ぐらいからのメインステージ。小雨が降ってました。何度かカメラが観衆を撮るときにアピールしたので、使われてるといいです。 f:id:ilovehugeworld:20170325171638j:plain

周りを見渡すとこんな感じ。 f:id:ilovehugeworld:20170325163938j:plain


と、こんな感じでした。そうそう、帰る直前に食べたパエリアがおいしかったです。パエリアてこんな味だよねという予想にジャストマッチする味で、ホタテやエビ、イカ、ムール貝がふんだんに使われていて最高でした。 f:id:ilovehugeworld:20170326192818j:plain


このようなフェスは初めての体験だったのですが、とても楽しかったです。ボカロが好きなのですが、今度はボカロのライブとか行ってみたいなと思いました。

それと、こういったフェスでグッズやTシャツを買うと一体感をすごく感じられて、非日常感をものすごく味わえます。ああいった一体感を求めてフェスにはまるんだと、フェスにハマる人の気持ちが理解できました。

話は変わりますが、Switchが発売されましたね。YouTubeでプレイ動画を見ましたが、面白そうです。パソコンゲームもコンソールゲームもほとんどやらないのですが、やってみたくなりました。

ではでは〜