予算10万円でデスク周りを整える 〜その1〜

自分のデスク周りを整えたいなと思い、モニターを買ったりしてました。 適当に予算は10万円を設定しています。10万円で以下のことをしたいと思ってます。

  • 2つ目のモニターを用意する。
  • 今使ってるMacbook ProをSSDにする。
  • ワイヤレスでキーボード、マウスを用意する。
  • 外出用のMacBook Airを買う

これ全部するのに10万円はどうなんですかね。適当に設定した上に相場観がないので判断できません。

今はこんな感じです。 f:id:ilovehugeworld:20170408192358j:plain

1つ目と3つ目がクリアできてます。モニターは中古で買いました。液晶にこだわる方はこんなモニター耐えられないかもしれませんが、そこまで気にしないので中古で十分です。

やっぱり2つ目のモニターがあるのは断然違います。何がいいのかというと、効率性が上がるのと下を見なくてすみます。単純に使えるスペースが2倍なので、効率性が増します。また、ラップトップの場合机に置くと見下ろしますが、モニターの位置を上にすることでそれをさけることができます。やっぱりモニター2つあるの最高です。

スタンドはGhostStand for MacBookを使ってます。隣にあった高さを変えられるスタンドは$70だったのですが、とりあえずこれを試してみることにしました。いい感じの高さになり気に入ってます。ひとつ誤算があったのは、スクリーンへの距離が伸びたので解像度を落とさないと行けなかったことと、付属のキーボードの分だけ手前にせり出すので、思ったより遠くへ置かないと手元にスペースが余らないところです。値段もお手頃で気に入りました。

キーボードはSculpt Ergonomic Desktopを買いました。マイクロソフトが出してる打ちやすさちと、疲れにくさを追求するキーボードです。Macには対応してないので、この記事をよんでキーを再マップしました。 f:id:ilovehugeworld:20170408190640j:plain

パッケージの写真のようにキーボードの中心が盛り上がってるのが特徴です。この記事もこのキーボードで書いているのですが正直書きづらいです。。特にBとYを打つときに、あ、こっちの指じゃないとなります。加えて、Mac以外のキーボードを使うときの回路がアタナの中に出来ているらしく、キーの配置を変えても、やたら左下のCtrlキーにいってしまいます。あと、矢印の位置も戸惑います。

電池もマウスもついてくるオトクなパックなのですが、マウスもいろいろ設定できなくてストレスフルです。Magic MouseをBetterTouchToolを使っていろいろ設定しているのですが、スクロールの挙動も慣れないしBetterTouchToolの設定は無効で悲しいです。

一目惚れで一度は買わずに店を後にしたのですが、どうしても気になり買ってしまいました。 これに慣れると他のキーボードが使えなくなりそうなので、おとなしくMagic MouseとMagic Keyboardを買いたいと思います。

このような衝動買いができるのもアメリカでは開封済みでも返品が出来るからです。今回のErgonomic keyboardに関しては購入してから15日以内だったら返品できると確認済みです。なので15日間過ぎるまでにマウスとキーボードを用意して、返品してこようと思います。

値段は

  • モニター: $30
  • キーボード: $120
  • スタンド: $25

でした。

残りはSSDインストールと、外出用のMacですね。SSDは自分で購入してインストールを業者にやってもらうか、SSD購入も含めて業者に依頼するかを考えてます。値段を調べて決める予定です。 外出用のPCに関してはWindowsやクロームブックも考えたのですが、家の環境と外で使う環境が違うことで、余計な手間をかけたくないのでMacにしました。こちらも中古で2015年位のモデルを考えてます。とにかく軽くしたいのでAirやMacbookを考えてます。

とりあえず、こんな感じです。またその2を投稿します。